性感エステで溜まった性欲を発散しよう

サイトマップ

女性

彼女に拒否られて性感エステへ

赤い下着の女性

風俗大好きの友人とお酒を飲んでいると東京で味わってきた前立腺マッサージが忘れられないというのです。友人が言うにはこれまで経験してきた射精の中で一番気持ちよかったというので私も前立腺マッサージに興味を持ち始めてしまいました。しかしその頃は給料日前といこともあって性感マッサージや性感エステなどに行く余裕がなかったので、恥ずかしいと思ったのですが交際している女性に前立腺マッサージを頼んでしまったのです。私の彼女はとっても尽くしてくれるのできっと前立腺マッサージもやってくれると思ったのですが、ベッドの上で見事に拒否されてしまったのです。お尻の穴に指を突っ込んで前立腺を探して触ってほしいという説明に彼女は拒絶反応を示してくれて、その日は気まずい雰囲気のままセックスしてしまいました。数日後彼女には悪いとは思ったのですが、性感エステに行ってしまい初めて前立腺を刺激してもらいました。優しい言葉で呼吸法やお尻の気張り具合などを教えてくれたエステ嬢の導きによって初めて前立腺を触られてしまいました。友人が言っていたとおりビリビリと痺れる感じから徐々に新しい快楽の世界に突入していくのです。しかし一度目のマッサージでは射精することができず再びチャレンジしてもらってようやく射精することができました。

Menu

TOP